モロッコ料理教室

  • 2019.06.22 Saturday
  • 14:20


ベルベル村では日本の旅行者の方を対象に

お料理教室を開いています。


今日のメニューはモロッコでも

なかなか食べれないトリッド。

お客様からのご希望です。


まずはモロッコの朝食で知られる

ムスンミン(クレープのようなもの)を

たくさん作ります。



しっかりコネコネした後に

丸めていきます。



これを手のひらでのばしていきます。



広げた生地は少し時間をおいてから

かまどで焼いていきます。



焼き上がったら熱いうちに

細かく手でちぎります。



最後にしっかり煮込んだ

鶏肉のソースをかけて出来上がり!!

食べるまでにかなり時間のかかる

お料理ですが、だからこそ美味しい!!


ちなみに、こちらのお料理教室は

クスールヴォヤージュさんに

お問い合わせください\(^o^)/


http://www.ksour-voyages.com/jp/tour/RAK/exc_cook.html


モロッコのクスクス

  • 2019.05.12 Sunday
  • 12:05


モロッコではよく金曜日に

食べていたクスクス。

この日は金曜礼拝もあり

コミュニティの人や家族との

時間を特に大切にする日。


そんな日にみんなでワイワイ

テーブルを囲んで食べるクスクス。

ベルベル村ではセモリナ粉から

クスクスの粒を作ることもあり

この料理を仕上げるには

三時間以上もかかることも。


時間をかけて炊き

野菜とお肉の味がしっかり出た

クスクスは絶品です!

ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン

  • 2013.04.28 Sunday
  • 01:35
アイン・モシュ村では、小麦の収穫が始まったようです。

日差しが日に日に厳しくなってくる中

朝早くから畑に出て、清々しい空気を肌に感じながら

汗を流す麦の刈り取り。

そんな麦畑に木魂する歌声が今も耳から離れません。







そんなアイン・モシュ村に帰省中は、

畑から直通のお野菜を毎日、おいしくいただきました!

そら豆は、収穫後に釜戸で丸ごと直火焼き。

ほくほくのお豆をいただき♪







グリーンピースは、収穫しながら

生の甘い豆を食べつつ、

こんなにグリーンピース盛り沢山なタジンを調理しました!

グリーンピースって、こんなに甘かったっけ?

ノルウェーでは、なかなか新鮮なお野菜を手にできませんので

畑直送のお料理は、お久しぶりです☆



畑へ行って、豆を収穫して、それを持ち帰り

一つ一つ皮の中から取り出して調理する。

時間のかかる作業ではありますが

この時間を通じてこそ、食べ物のありがたみと

食することの楽しみを感じるのだと思います。









にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

とうもろこしのハリーラ

  • 2011.10.08 Saturday
  • 06:01




現在、2週間の試験期間中に突入しています。

論文2本、20ページの課題です…

1本目、「国際法と平和的紛争解決の手段」についての論文が

ようやく終了してきたところでちょっと一休み…



ノルウェーに来て、毎日課題に追われる日々が続いていますが

少し息抜きということで、最近、ヨガとタンゴを始めました!

さて、気がつけば、すでに10月。

いやいや、時間の流れの速さに驚いています。



今日は、すっかり木の葉も散った冬の足音が近づくトロムソで

恋しいハリーラ(スープ)のお話。

モロッコで「ハリーラ」と聞けば

トマトペイストで煮込んだものを連想しがちですが

現地の食卓にあがるスープには、さまざまな種類があります。

小麦、大麦、豆類をベースにしたものから野菜のスープまで。

ここでは、一般的なトウモロコシのスープをご紹介。







我が家では、乾燥したトウモロコシの粒をスークから購入してきて

石臼で粉にします。

ゴロゴロゴロゴロ…

朝から、石臼の鈍い音が聞こえてきます。







粉状になったトウモロコシの粉を

釜戸で煮た後、塩とミルクを加えて

薄味のトウモロコシスープが出来上がります!

断食後の空腹のおなかにも優しいスープです。



このトウモロコシスープ、カメルーン出身のルームメイトも作っていました。

広い地域で食されるスープなのかもしれませんね!





にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

モロッコの主食、パンができるまで

  • 2011.07.23 Saturday
  • 00:38




モロッコの主食は、言うまでもなくパンです。

朝食から夕食、そしておやつまでパンが欠かせないモロッコの食卓。

そのモロッコでは、もちろん小麦・大麦が育てられています。



小麦は、作付け前に畑を耕すことから始まり

作付け、水やり、収穫、脱穀…

と作業が続いた後、食卓に上るまでには

脱穀した後の麦を洗い、小石を取り除く…

そして、ひいて粉にする…

という気の遠くなるような過程を経て

ようやく、パンをこねる準備ができます。







各家庭によって、パンに混ぜる小麦粉、大麦粉の度合いは様ざまですが

おおよその工程は、パンをこね、発酵させて、焼く。

ベルベル村では、毎朝の日課です。

最近では、気温の高い日が続いていますので

朝5時から始まるこの作業。

一仕事終えた男性陣が畑や放牧から帰ってくるころには

アツアツのパンが良い匂いを放っています。







「最近は、10分で料理ができる機械があるらしいね。」

そんな話題が出た我が家の台所。

電子レンジや炊飯器の話に盛り上がる若い女性たちにママの一言。

「でも、こうして手で作ったほうがおいしいに決まっている!」







こう話すママは、ちょうど小麦粉からクスクスの粒を作っていたこところでした。

クスクスだって、インスタントのものと小麦粉から作ったものは

粒の細かさから水の通し具合から、全く違う。

ベルベル村での食べ物は、時間をかけて作られたものばかり。

贅沢な食卓です。







にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
    はま (07/30)
  • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
    marojap (07/28)
  • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
    はみがき (07/11)
  • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
    はみがき (07/11)
  • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
    marojap (04/30)
  • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
    はみがき (04/30)
  • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
    三毛猫 (04/01)
  • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
    marojap (01/26)
  • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
    履歴書 (01/21)
  • オリジナル「ボ・シャルウィット」 −生産者と消費者の枠を超えて―
    trivago (11/12)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM