単語の暗記方法は…

  • 2010.11.29 Monday
  • 04:39
モロッコという国は本当に多言語社会です。

基本はアラビア語マグリブ方言(ダリージャ)ですが

これは、正則アラビア語(フスハー)とは非常に異なる言語。

植民地支配の影響を受け、北部ではスペイン語

その他地域ではフランス語を理解される方も多い。

そして、先住民の方の言語、ベルベル語(アマジフト語)。

これも、大きく分けてリーフ地方のタリフィート方言、

中部のタシュリヒート方言、

南部のタマズィフト方言と3つに分けられます。

さらに南部のスース地方には

サハラウィの方が主に話すアラビア語方言、ハサニーヤ語があります。



このような社会では、言語習得も一苦労。

モロッコ在住外国人の多くは

フランス語を解される方が多いですが

それでは、地域に密着した形の生活には十分でない。

まして、フランス語は植民地支配が残したある種の遺産。

その点、一部の韓国の方が日本や日本語に対する嫌悪感を持たれているのと

どの程度異なるか正確に把握しておりませんが

彼らにとって、外来語であることには変わりありません。



となると、やはり広範囲で使用されているアラビア語。

このアラビア語、なかなか手ごわい相手です。

「一つの言語を習得した」といえる基準は

国営放送を理解し、その言語での新聞が読めることだと思います。

その段階には、程遠いですが

最近、マグリブ方言のTVドラマは何となく理解するようになりました。



海外に暮らしていると

その生活環境にも寄りますが

自然にコミュニケーション程度の現地語は習得できるものだと思います。

しかし、英語の場合もそうですが

それ以上の、専門的な内容や詳細を理解するためには

日々の努力が必要となってきます。

そこで、登場する単語暗記グッツは、

やはり、フラッシュカード。

コンピュータ学習などが主流となっている現在においては

随分と古典的な学習方法ですが

何度も使用するうちに

薄汚れていくカードを見るたびに

学習効果が上がっていると錯覚する私でした…





にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 04:39
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はま (07/30)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      marojap (07/28)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      marojap (04/30)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      はみがき (04/30)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      三毛猫 (04/01)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      marojap (01/26)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      履歴書 (01/21)
    • オリジナル「ボ・シャルウィット」 −生産者と消費者の枠を超えて―
      trivago (11/12)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM