『緒方貞子という生き方』

  • 2010.11.12 Friday
  • 03:02




『緒方貞子という生き方』黒田龍彦、KKベストセラー、2002年。



[内容紹介]

緒方貞子女史は、1927年、東京生まれ。母方の祖父に駐仏大使から後に外相になった芳沢謙吉氏、父に駐フィンランド公使の中村豊一氏、曾祖父は元総理大臣の犬養毅氏という外交に携わる家庭に生まれた。幼年期を米国、中国で過ごし、「世界の中の日本」をという問題を常に意識し、日本を外から見て育った。



本書では、1991年より10年間国連難民高等弁務官を務め、その後アフガニスタンの難民救援や復興支援を担当する首相特別代表に就任し、現在ではニューヨークのフォード財団研究員を務める緒方女史の難民問題対する姿勢、仕事に対する真摯さを紹介している。



国連難民高等弁務官就任時代、一貫して現場主義を貫いた緒方女史は、「慈善援助といっても、一方的にただかわいそうだから助けてあげるのではなくて、大切にすべき人間の尊厳というものをまっとうするためにあらゆることをして守らなくてはいけないと思います。」と常に難民の側に立ち、時には慣例にとらわれず救済に乗り出した。



冷戦が終結して世界平和が実現するという期待をよそに、地域紛争が相次いで発生し、これまでにない規模の難民が大量流出した。民族問題は何世紀も遡った昔から世界の各地に内在し続ける“紛争の種”であり、東西冷戦構造下にあって、それがしばらく抑えられていたにすぎない。このように根深い人間と人間の衝突である地域紛争の解決には、最低30年以上を要すると言う。この間、「時間を買うのにさまざまな対策、支援、それをどこまで国際社会が見ていくかということ」が大切だと緒方女史は語る。



その復興支援について以下の問題点を指摘している。



■人道支援だけでは解決しない

戦下の人道支援は、軍事的な保護なしでは限界がある。「政治が解決しない限り、難民問題も解決しない」

■ボランティアというのは、ある程度訓練された人間でなければ困る

難民支援に限らず、ボランティアに参加する限り、真剣勝負で取り組まなくてはならない。そのためには、参加者はある程度の訓練、意識、そして知識が必要とされる。

■救済者はじ“人権屋”ではない

“人道”の見地から権力側に要求し、応えてもらうことが現実的には必要だとしても、難民が現実的に彼らの望む生活を実現できるようになるための活動意識を持つことが大切。

■緊急支援と復興のギャップ

危機的な状況が発生した時は、メディアも世界も注目する。しかし、双方ともに“すぐ忘れる”という習慣がある。社会復興というのは、とても時間のかかる仕事。これを国際社会が持続的に支援することが必要となる。

■貧困とは不平等の結果

特定の民族集団のみが社会のすみに追いやられるような政治構造、経済格差などの不平等が貧困及び紛争を生み出す。その根本的な不平等を解決しなければならない。



[感想]

難民問題、復興支援と国際社会の姿勢、そして日本の人道支援のあり方について大変勉強になる一冊ですが、著者の宗教、とりわけイスラームと難民発生率の考察には、些か疑問を感じます。イスラームが難民を生み出すのではなく、当事国の統治体制そのもの、あるいは近隣及び大国との関係に問題があるため、結果的に難民が発生するのだと思います。難民の発生は、政治的な側面に起因することが多いのではないでしょうか。





にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 03:02
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はま (07/30)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      marojap (07/28)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      marojap (04/30)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      はみがき (04/30)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      三毛猫 (04/01)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      marojap (01/26)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      履歴書 (01/21)
    • オリジナル「ボ・シャルウィット」 −生産者と消費者の枠を超えて―
      trivago (11/12)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM