ダリージャ(マグリブ方言)

  • 2010.10.14 Thursday
  • 20:36




只今まだ、日本にいます!

先日、好例の西条(東広島市)の酒祭りに行ってきました。



このお祭りは、日本中の日本酒が飲めるだけでなく

広島大学を中心にした留学生が各国のお料理を紹介する場でもあります。

中華、韓国料理、ケニア、インドネシア、インド、そしてエジプトなど。



少し前までは、モロッコ人の留学生がケバブを販売していましたが

今年は、エジプト人の学生を中心にケバブ、ケフタ風のライス、ココナッツドーナツなどを販売!



この日は、偶然モロッコから共同経営者も来日していましたので

うーん。懐かしい臭いがする…

ということで、このエジプシャンショップに立ち寄ってみると

この店主、実は以前一度お会いしたことのある方でした。



あの頃に比べて、少しは上達したアラビア語。

早速、「ケ ディエラ?(元気ですか? in ダリージャ)」

相手「・・・」

私「・・・カイファ ハールカ?(元気ですか? in 標準アラビア語)」

相手「アルハムドゥ リッラー!(元気です)」





私「シャハール?(いくら?)in ダリージャ」

相手「・・・」

私「ビカム ハーザー?(いくら? in 標準アラビア語)」

相手「あー!!」



これはほんの基本的なことですが、その後もほぼかみ合わない会話が続く…

むしろ英語で話した方が、会話がスムーズ…

一方、共同経営者のモロッコ人は、会話になっている…





なぜ??





彼は、ダリージャではなく、エジプシャンアラビックを話していたらしい…

テレビの影響で、モロッコ人の多くがエジプトのアラビア語を理解します。

しかし、その逆は極めて珍しいようです。

マグリブ方言は、なまりも強く、発音が変化している言葉も多い。



私は、個人的にテレビの影響でシリア方言には慣れてきましたが

エジプト方言は苦手。

ついでに言うと、あまり面白いエジプシャンドラマにも出会わない…



でも、改めて実感したこと。

ダリージャを話せてもアラビア語を操れているとは言えない。

現地の方とのコミュニケーションには欠かせないダリージャですが

アラビア語圏を視野に入れて考えるなら、

やはりフスハー(標準アラビア語)の習得は避けられそうにないですね。



にほんブログ村 外国語ブログ アラビア語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 20:36
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はま (07/30)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      marojap (07/28)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      marojap (04/30)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      はみがき (04/30)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      三毛猫 (04/01)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      marojap (01/26)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      履歴書 (01/21)
    • オリジナル「ボ・シャルウィット」 −生産者と消費者の枠を超えて―
      trivago (11/12)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM