甘やかされて育ちました!

  • 2011.08.09 Tuesday
  • 01:37




モロッコの夏の果物といえば

カルモースやタクナライとして知られるサボテンの実。

今年は、雨季後半に雨がまとまって降ったので

ベルベル村では至る所で

扇を広げたようなタクナライが見かけられます。



この時期、アジジ(義父)の日課は

羊の放牧中に、バケツ一杯のタクナライを持ち帰ること。

そんなタクナライも、次から次へと口に入れられ

あっという間になくなってしまうのです。

このタクナライ、市内では2つが1DHで売られている

ちょっとした季節の風物詩。







ただ、このタクナライ、

皮に無数のトゲがあるので

初心者は、必ずこのトゲにやられてしまします…

タクナライを収穫する時も

長い竹のような木を使用して

遠くからトゲが飛んでこないようにします。

収穫後は、すぐに砂でトゲを落とすか

うちは、井戸が近くにありますので

流水でトゲをある程度、流します。

冷たい井戸水で洗うと、タクナライも冷えておいしい!!







先日、スークの友人を訪ねると

日本人観光客が、このトゲの存在を知らずに

皮ごと食べてしまったのだとか。

日本では、まず見かけられることのない果物ですから

無理もないのですが、口中、胃の中までトゲトゲで大変だったことでしょう。

一つのトゲでも、刺さってしまうととても気になりますので

毛抜きなどを利用して人にとってもらうほどです。



そんな危険なタクナライ。

私は、誰かが食べているのを見つけると

すぐに便乗して、皮をむいてもらって食べるのでした!

子供たちと一緒に、タクナライがむかれる順番をひたすら待つ…

「トゲが刺さるから」といって

我が家の過保護な保護者は、いつまでたっても

私には食べ役で留まらせた結果

自分でむいて食べれない子になったのでした!





にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 01:37
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はま (07/30)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      marojap (07/28)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      marojap (04/30)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      はみがき (04/30)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      三毛猫 (04/01)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      marojap (01/26)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      履歴書 (01/21)
    • オリジナル「ボ・シャルウィット」 −生産者と消費者の枠を超えて―
      trivago (11/12)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM