モロッコ、憲法改正に着手

  • 2011.03.23 Wednesday
  • 06:17
巨大地震とそれに伴う大災害に見舞われる日本。

その報道と共に、リビア、バーレーンに関する

国内情勢悪化状況も連日、海外メディアでは報じられています。



中東・北アフリカ地域の西の果てに位置するモロッコでは、

この日曜日(20日)に、一部の都市でデモが発生した模様ですが

大きな混乱には至らなかったようです。

政府関係者の話によると

デモ参加者の中には、先日の国王の憲法改正案に一定の評価を示した上

一部の政治家の汚職、収賄に関して

該当者の拘束を求めた者もいた模様。

(もちろん、参加者の動機は多岐にわたるでしょうが。)



今日は、この憲法改正案について少し書いてみます。



3月9日に、国王ムハンマド6世が国民に向けて

憲法改正への着手、実行を表明した。



「マグリブアラブ通信社(وكالة المغرب العربي للانباء)」によると

今回の憲法改正の焦点は

地方分権化にあるようです。

国王はその大まかな内容を今回のスピーチで言及。



まず、地方分権化の大きな目的は

国民のより直接的で自由な意思を反映した政治を実行できるように

政治参加への機会を相対的に増幅すること。

(具体的には、地方議会の議員を直接選挙によって選出)

さらに、地方分権化が推進されていく中で

地域間のバランスのとれた連携も鍵となると述べている。



同時に、男女平等を原則とした政治の実行。

具体的には、女性の政治参加への機会を増やすこと。

また、西サハラ地域に関しても触れ、

特に同地域の政治権力、資源の平等分配を徹底すると強調している。





この憲法改正案は、諸外国からも

民主化の推進と一定の評価を受けた。



反政府勢力を力で弾圧しようと試みる政府もあれば

折り合いをつけようと措置を投じる政府もある。

各国の政治社会状況が多様であるからこそ

その対応も一定ではない。

立憲君主国であるモロッコが

今後、どのような方向性を見せていくか目が離せない。





にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 06:17
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はま (07/30)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      marojap (07/28)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      marojap (04/30)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      はみがき (04/30)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      三毛猫 (04/01)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      marojap (01/26)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      履歴書 (01/21)
    • オリジナル「ボ・シャルウィット」 −生産者と消費者の枠を超えて―
      trivago (11/12)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM