連合軍、リビア攻撃開始

  • 2011.03.20 Sunday
  • 16:12
エジプトの革命を受けて



隣国リビアでも反体制勢力の闘いが始まっていた。

リビアの政治について、詳しくはないが

統治者カダフィー大佐が長期に及び独裁政権を率いた

反米国として良く知られている。

そして、数年前の国連総会における

長時間にわたる演説と痛烈な国連機能への批判は

ある意味、的を得ている部分もあり

海外メディアでも大きく取り上げられた。



そのリビア。

反体制勢力の闘争に対し

武力を用いて弾圧を決行した政府側。

反体制側の死者の数は、数千にも上ると報告されている。



一方で、トリポリでは、カダフィー支持者のデモ隊の活動も活発化している。

見たところ、政府内部にも何らかの対立がかつてから存在し、

隣国に触発されて、それが一気に加速したのでは?

と想像をめぐらせてみる。

そのような背景があるとしたら、

エジプトやチュニジアの場合とは

少し性格が異なるのではないかと思う。



昨日、停戦を受け入れると発表したリビア政府。

その後も、反体制勢力への攻撃が継続されたため

本日、英、仏、米などの連合軍が

リビアの空軍基地を中心に攻撃を加えると表明した。



海外メディアで報じられている各国代表の会見を聴く限り

英国は、「国連決議に違反してないよ。各国代表で決めたこと!」

米国、「米国だけじゃないよ。連合軍も一緒に実行するよ。」

とイラク攻撃の是非をめぐり、各国から批判を受けている大国が

今回の攻撃の言い訳をしているようにも聞こえなくない。



リビアの「自由」のために。

リビアの市民の「民主主義」のために。

相変わらずの大国は、再び他国を攻撃するのだそうです。



果してそれが、現在のリビアにとって本当に必要なのか?

リビアの情報筋からは、すでに連合軍のミサイル攻撃によって

市民に犠牲が出ていると報道されています。

新たな悲劇が、憎しみが、また生まれそうな気がしてなりません。







にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 16:12
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はま (07/30)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      marojap (07/28)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      marojap (04/30)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      はみがき (04/30)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      三毛猫 (04/01)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      marojap (01/26)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      履歴書 (01/21)
    • オリジナル「ボ・シャルウィット」 −生産者と消費者の枠を超えて―
      trivago (11/12)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM