かつての旅人が築いた町、アル・ジャディーダ

  • 2011.03.10 Thursday
  • 17:21
少し前になりますが

両親をカサブランカの空港まで見送った後、

海岸沿いを下り、アル・ジャディーダとサフィを

回ってきました。



この時期、比較的雨量に恵まれている海岸地域では

穂の付いた小麦も顔を出していました。

海の青と小麦の緑が重なり合う風景は

マラケシュ近郊のものとはまた一味違った

コントラストを楽しみませてくれます。



アル・ジャディーダは、

モロッコの他の地域とは異なり

大航海時代を中心にポルトガルの支配を受けた要塞都市。

当時は、マザガンと呼ばれていました。

このマザガンを拠点に

ポルトガルは南米大陸へと進出していったのです。



当時、モロッコの大西洋岸一帯は

海流の変化に富み、また断崖絶壁な地形から

寄港の難しい難所として知られていました。

それが、14〜15世紀にかけて航海技術が著しく進歩すると

スペインがカナリア諸島へ到達、

続きポルトガルがマザガンを征服と

相次いで北西アフリカ沿岸への寄港に成功した結果

「新大陸」への冒険に歩みだす術を得たようです。

そんな野心と未知なるものへの憧れを抱いた

かつての旅人が築いた街。







現在でも当時の様子がうかがえるメディナは

2004年に世界遺産に登録されました。

メディナの中には、「ポルトガルの貯水槽」と呼ばれる

巨大な地下貯水槽があります。

天窓から雨水が流れ込むように設計されたこの貯水槽。

訪れた時は、天から光が差し込んでいました。

なんとも言えない石の重層観と

現在もなお降り注ぐ光の対比が

散り去ったかつての旅人を労わっているようでした。



にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 17:21
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はま (07/30)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      marojap (07/28)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      marojap (04/30)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      はみがき (04/30)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      三毛猫 (04/01)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      marojap (01/26)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      履歴書 (01/21)
    • オリジナル「ボ・シャルウィット」 −生産者と消費者の枠を超えて―
      trivago (11/12)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM