男たちの夜の戦い

  • 2010.12.02 Thursday
  • 23:50




順調に雨に恵まれているマラケシュです。

カサブランカやムハメディアでは

大雨による死者が多く出ていると伺っておりますので

喜んでばかりはいられません。

集中豪雨になると、メディナの古い家屋など

崩れる恐れがあるため、たいへん危険です。



しかし、農業地帯にとっては、ありがたい雨。

この時期は、小麦・大麦の作付けにあたるので

ベルベル村の男性陣は、「水取り合戦」を夜通し繰り広げます。

この地域は、近くに古い川が流れています。

そこから各家庭の麦畑に水を通わせるのですが

上流で誰かが水の通るルートを確保していないと

他の人に水の流れを変更される可能性があります。

水の流れは、土を盛ったり崩したりで簡単に変更できますから。







一方の畑では、全体に水が行き渡るように

一列一列、やはり土を盛ったり崩したりしながら作業を進めていきます。

この作業を一晩中かけて行うのです。

なぜ夜なのかというと、

川の水位の調節上、夜に水が流れるため、

そして夜の闇の中では、水流の変更を行いやすいためだそうです。

昼間では、遠くからでも誰が何をしているのか容易に発見できますので。



こうして、男たちの夜の戦いが繰り広げられるのでした。

太陽が昇るころには、すっかり水の行きとどいた麦畑に変身。

女性陣は、早起きして朝ごはんを届けるのでした。





にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2019.08.18 Sunday
  • 23:50
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    こんな争いがあったんですね、夜中に。ますます未知な世界な感じがしてきました。どこの国でも都会はある程度似ている生活のような気がしますけど、小さな村の生活は私にとっては本当に多くの驚きの連続です。
    • アミンミン
    • 2010/12/07 1:17 AM
    アミンミンさん

    そうですね!
    このベルベル村は、マラケシュから30分くらいと
    そんなに離れていませんが、やはり都市の生活とは
    異なった伝統文化・習慣が息づいています。

    季節や天候によって左右される、
    云わば年中無休の農村生活ですが
    新鮮な出来事も多く、退屈はしませんよ♪
    • marojap
    • 2010/12/07 6:58 PM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はま (07/30)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      marojap (07/28)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • “Fair”「平等」の観点とは?−フェアトレード活動を通じて―
      はみがき (07/11)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      marojap (04/30)
    • ソラマメ丸焼きとグリーンピースのタジン
      はみがき (04/30)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      三毛猫 (04/01)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      marojap (01/26)
    • モロッコ方言アラビア語、ミニ講座?動詞の活用
      履歴書 (01/21)
    • オリジナル「ボ・シャルウィット」 −生産者と消費者の枠を超えて―
      trivago (11/12)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM